部屋探しも2件目に突入

しばらくすると2件目に到着。写真を見たときに感じた印象そのままに、その建物は建っていた。やっぱり周りからは、ちょっと浮いている。部屋探しで初めて出会うそのデザインは、やっぱり海外の建物だと感じる。好きなデザインではあるけど、ちょっと浮きすぎな感は否めない。ここだけ切り取って写真で見るならいいけど、周りに普通のマンションとかあるとちょっとな。もう部屋探しは終わったと安心しているせいか、魅力が半減している。

部屋探しの条件はクリア

どうせなら、こっちを先に見せてほしかったな。車から降りて建物の方に歩いていく間、ずっと周囲を見回していた。やっぱりどうもしっくりこない。今回の部屋探しに求める条件はクリアしてるみたいだけど、別の問題があるように感じる。玄関のドアを開けて中に入ると、なんとも言えない微妙な印象を受けた。内装の外観と同様にアレンジされていて、これまた部屋探しで初めて体験するものだった。クッションフロアになっているのはいいけど。

部屋探しの不一致

なんでこんな模様なんだろうか。これはなんとも表現しずらいけど、趣味が合わないとだけ言っておこう。一人暮らしの部屋探しにはここの収納の大きさは、非常に魅力的だとは思うが、内装の趣味の不一致はいかんともしがたい。営業マンも特にオススメするようなコメントは言わないし、なしの方向だな。ようやく今回の部屋探しは最初に見たほうに決定して終わることになった。営業マンと話をして、あそこを契約するように手配をすすめた。

Copyright (C) 2017 部屋探しの面白さ All Rights Reserved.